ニュース

CentOS 7.0 が 海外データセンターおよび日本(Ver2.1環境)でも選択可能になりました。

CentOS 7.0 が 米国・韓国データセンター含むすべての環境で利用可能になりました。

コントロールパネルでのノード作成時に選択できます。
従来と同じく1環境内でのOSの混在も可能、もちろん追加料金不要です。
開発環境やご担当者様のお好みに合わせ、ご選択ください。