ニュース

Ver2.0 & USデータセンター 提供開始しました

(1) GMOアプリクラウドがバージョン2.0になりました。

仮想化基盤を従来の Xen から KVM に変更し、主にディスクI/O性能を向上させました。また、以下の2つの仮想サーバーをラインナップに加えています。価格はそのままに、アプリのインフラとしてさらに強化されたGMOアプリクラウドをぜひお試しください。

【新設スペック】
タイプXS High-CPU  CPU:2vCPU / メモリ:4GB / HDD:80GB
タイプSS High-CPU  CPU:4vCPU / メモリ:8GB / HDD:160GB


(2) USデータセンターを開設しました。

アプリの海外展開(主に米国)をお考えのお客様のために、アメリカ・サンノゼでの運用を開始しました。サーバーのスペック、決済手段、サポートは国内環境と同等です。また、国内データセンター利用時と比べ、プラットフォームAPIやアプリ利用者との通信速度面で有利です。GMOアプリクラウドはSAP様の海外進出を積極的に支援します。

※ USデータセンターは以下の点が国内と異なります。
・料金については こちら をご覧ください。
・専用ノード タイプS/Lのご用意がありません。
・アプリ公開後4日間 20台無料のお値引きを行なっておりません。
・上位の回線容量は1Gbps共有となります。今後増強を計画しています。