ブロックストレージをマウントする(Windows編)

ブロックストレージを仮想サーバーにアタッチ(接続)しただけでは、ストレージ領域をご利用いただけません。
ブロックストレージの領域をマウントすることで、ストレージ領域がご利用いただけるようになります。

以下では Windows Server 2012 にてブロックストレージをマウントする方法についてご案内します。

 保存イメージを使用していないブロックストレージの場合

[1] 「サーバーマネージャー」を起動します。

[2] 「ファイル サービスと記憶域サービス」を選択します。

[3] 「ディスク」をクリックします。ディスク一覧の中に追加ストレージがオフラインの状態で表示されています。

[4] 追加ストレージにカーソルを合わせ、右クリックの上、ショットカットメニューから「オンラインにする」を選択します。

[5] 確認画面が表示されますので、「はい」を選択します。

[6] ディスク一覧の画面に戻りましたら、再度、追加ストレージにカーソルを合わせ、右クリックの上、ショットカットメニューから「初期化」を選択します。

[7] 確認画面が表示されますので、「はい」を選択します。

[8] ディスク一覧の画面に戻りましたら、「ボリューム」欄の「ボリュームを作成するには、新しいボリューム ウィザードを起動してください。」を選択します。

[9] 「新しいボリューム ウィザード」画面が表示されますので、「次へ」を選択します。

[10] ディスクを選択の上、「次へ」を選択します。

[11] ボリュームサイズを確認の上、「次へ」を選択します。

[12] ドライブ文字を確認の上、「次へ」を選択します。

[13] ボリュームラベルを確認の上、問題なければ「次へ」を選択します。

[14] 設定内容を確認の上、問題なければ「作成」を選択します。

[15] しばらくお待ちいただくと作成が完了しますので、「閉じる」を選択します。

[16] 「デバイスとドライブ」などで追加ストレージのドライブが表示されているか確認します。

 保存イメージを使用したブロックストレージの場合

[1] 「サーバーマネージャー」を起動します。

[2] 「ファイル サービスと記憶域サービス」を選択します。

[3] 「ディスク」をクリックします。ディスク一覧の中に追加ストレージがオフラインの状態で表示されています。

[4] 追加ストレージにカーソルを合わせ、右クリックの上、ショットカットメニューから「オンラインにする」を選択します。

[5] 確認画面が表示されますので、「はい」を選択します。

[6] 「デバイスとドライブ」などで追加ストレージのドライブが表示されているか確認します。

本リファレンスはGMOアプリクラウドにてブロックストレージをご利用いただく場合の一例であり、お客様の運用やポリシーによってその限りではございません。
お客様のご利用用途に応じて必要な設定や操作をおこなってください。