新しいセキュリティグループを追加する

セキュリティグループは通信を許可するルールを設定できます。
追加したサーバーにはIPアドレスのネットワークタイプによって以下のセキュリティグループが標準でアタッチされます。
・l-default:プライベートネットワーク、アプライアンス型ロードバランサー
・n-default:仮想サーバー用グローバルIPアドレス、専用グローバルIPアドレス

ここでは、GMOアプリクラウドのコントロールパネルから新しいセキュリティグループを作成する方法をご案内します。
システム標準のセキュリティグループをデタッチする場合は、追加したセキュリティグループをアタッチした後に実施してください。

 コントロールパネルの操作手順

[1] 上段メニューより [サービス] をご選択の上、左メニューより [該当サービス名称] > [セキュリティグループ] をクリックします。

[2] [セキュリティグループ一覧] にて [グループ追加] をクリックしてください。

[3] 次の画面で追加するセキュリティグループの グループ名 / 説明 / テンプレート / 接続相手 を入力または選択の上、[実行] をクリックし、セキュリティグループの追加完了となります。
グループ名 セキュリティグループに任意の名前を指定します。名前の重複はできません。
説明 セキュリティグループに任意の説明・概要を指定します。
テンプレート セキュリティルールの自動設定なし
全てのインバウンドを許可
メール(25/110/143/465/587/993/995)
MySQL(3306)
PostgreSQL(5432)
RDP(3389)
SSH(22)
Web(80/443)
接続相手 指定したIPからのトラフィックのみを許可したい場合に指定します(接続元IP制限)。テンプレートにて「セキュリティルールの自動設定なし」を指定した場合は表示されません。