ヘルスモニターを追加する

GMOアプリクラウドのコントロールパネルから、ロードバランサーへバランシング設定されたサーバーの死活監視をするヘルスモニターの追加方法をご案内します。

ヘルスモニターの適用・解除は、対象のロードバランサーのバランシング設定から実施してください。

 コントロールパネルの操作手順

[1] 上段メニューより [サービス] をご選択の上、左メニューより [該当サービス名称] > [ネットワーク一覧] をクリックします。

[2] 対象のアプライアンス型ロードバランサーにある [ヘルスモニター一覧] をクリックしてください。

[3] 次の画面で[ヘルスモニター追加] をクリックしてください。

[4] 次の画面で追加するヘルスモニターの プロトコル / 判定間隔(秒) を選択の上、[実行] をクリックし、ヘルスモニターの追加完了となります。
プロトコル HTTP / TCP / PING
判定間隔(秒) 5 – 10

※ヘルスモニターを削除する場合は、バランシング設定への適用を解除した後で実施してください。
※プロトコルHTTPの場合、ステータスコードは複数指定可能です。例1:「200,201,204」例2:「200-204」