一時的Web公開(Temporary URL)

Description

一時的にオブジェクトを公開する場合に使用します。 Temp-Url-Keyを登録後に下記方法等にてURLを作成する必要があります。
・URL作成スクリプトを作成する
・Swift-temp-urlクライアントを使用する

Request URL

ObjectStorage API v1

POST /v1/gac50_{account}/{container}

Request Json

This operation does not accept a request body.

Request Parameters

Parameter Value Style Description
X-Auth-Token トークンID header トークン発行 にて払い出されたID
account テナントID URI テナントID
container コンテナ名 URI コンテナ名
X-Account-Meta-Temp-URL-Key
(Optional)
string header テナントIDにtempurl用のKeyを付与します。
X-Remove-Account-Meta-Temp-URL-Key
(Optional)
string header テナントIDからtempurl用のKeyを削除します。

Response

  • Normal response codes
204

Example

  • Request
curl -i -X POST \
-H "Accept: application/json" \
-H "Content-Type: application/json" \
-H "X-Auth-Token: トークンID" \
-H 'X-Account-Meta-Temp-URL-Key: tempurl用のKey' \
オブジェクトストレージエンドポイント
  • Response
HTTP/1.1 204 No Content
Content-Length: 0
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
X-Trans-Id: tx44bf606804cb4e38b3bad-005ac37eaa
Date: Tue, 03 Apr 2018 13:16:26 GMT

Using

1.コンテナを作成しオブジェクトをアップロードします。

2.tempurl用のKeyを登録します。

curl -i -X POST \
-H "Accept: application/json" \
-H "Content-Type: application/json" \
-H "X-Auth-Token: トークンID" \
-H 'X-Account-Meta-Temp-URL-Key: tempurl用のKey' \
オブジェクトストレージエンドポイント

3.tempurl生成するため、下記モジュールを作成します。
※ここでは24時間で生成、またモジュール名はcreate-tempurl.pyとします。

vim create-tempurl.py
import hmac
from hashlib import sha1
from time import time
method = 'GET'
duration_in_seconds = 60*60*24 ←[時間]
expires = int(time() + duration_in_seconds)
path = '/v1/gac50_{テナントID}/{container名}/{object名}' ←[対象オブジェクト]
key = 'test-key' ←[設定した鍵]
hmac_body = '%s\n%s\n%s' % (method, expires, path)
sig = hmac.new(key, hmac_body, sha1).hexdigest()
s = 'https://{host}{path}?temp_url_sig={sig}&temp_url_expires={expires}'
url = s.format(host='objectstore-r4nd1001.app-sys.jp', path=path, sig=sig, expires=expires)
print '%s' % url

4.モジュールを実行します。

/usr/bin/python create-tempurl.py

5.レスポンス結果として、指定した時間のみ有効な一時WEB公開用のURL情報が返ってきます。