オブジェクト削除予約

Description

任意のオブジェクトを指定時間または指定時間後に自動的に削除したい場合に使用します。
※オブジェクトは事前にアップロードしておく必要があります。

日時指定の場合、エポックフォーマットにて指定する必要があります。
エポックフォーマットについては下記コマンド等にて変換ください。

(Linuxの場合)
▼エポックフォーマットに変換

date +%s -d "2016/8/23 17:40:00"

▼ローカル時刻に変換

date -d @1471941600

Request URL

ObjectStorage API v1

POST /v1/gac50_{account}/{container}/{object}

Request Json

This operation does not accept a request body.

Request Parameters

Parameter Value Style Description
X-Auth-Token トークンID header トークン発行 にて払い出されたID
account テナントID URI テナントIDを指定します。
container コンテナ名 URI コンテナを指定します。
object オブジェクト名 URI オブジェクトを指定します。
X-Delete-After(Optional) int header 指定した時間後に削除(秒)
X-Delete-At(Optional) int header 日時指定削除(エポックフォーマット)

Response

  • Normal response codes
202

Example

▼指定した日時にオブジェクトを削除

  • Request
curl -i -X POST \
-H "Accept: application/json" \
-H "Content-Type: application/json" \
-H "X-Auth-Token: トークンID" \
-H "X-Delete-At: 日時指定(エポックフォーマット)" \
オブジェクトストレージエンドポイント/コンテナ名/オブジェクト名
  • Response
HTTP/1.1 202 Accepted
Content-Length: 76
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
X-Trans-Id: tx11809236d27246fe90450-005abe2866
Date: Fri, 30 Mar 2018 12:07:02 GMT

Accepted
The request is accepted for processing.



▼指定した時間が経過後にオブジェクトを削除(秒)

  • Request
curl -i -X POST \
-H "Accept: application/json" \
-H "Content-Type: application/json" \
-H "X-Auth-Token: トークンID" \
-H "'X-Delete-After: 秒数" \
オブジェクトストレージエンドポイント/コンテナ名/オブジェクト名
  • Response
HTTP/1.1 202 Accepted
Content-Length: 76
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
X-Trans-Id: tx8b75e3028eaa4b08931f8-005abe2d4b
Date: Fri, 30 Mar 2018 12:27:55 GMT

Accepted
The request is accepted for processing.