オブジェクトバージョン管理

Description

オブジェクトのバージョン管理を実施する場合に使用します。
バージョニング対象のコンテナに同名のファイルをアップロードした際に、自動的に古いオブジェクトがバージョニング先のコンテナにtimestamp付で保存されます。
最新のオブジェクトを削除した場合、一世代古いファイルがバージョニング対象のコンテナに復元されます。

Request URL

ObjectStorage API v1

PUT /v1/gac50_{account}/{container}

Request Json

This operation does not accept a request body.

Request Parameters

Parameter Value Style Description
X-Auth-Token トークンID header トークン発行 にて払い出されたID
account テナントID URI テナントID
container コンテナ名 URI コンテナ名
X-Versions-Location(Optional) string header 古いオブジェクト保存用コンテナを指定
X-Remove-Versions-Location(Optional) string header 空以外の値を指定し、オブジェクトバージョニングを無効化します

Response

  • Normal response codes
202

Example

  • Request
curl -i -X PUT \
-H "Accept: application/json" \
-H "Content-Type: application/json" \
-H "X-Auth-Token: トークンID" \
-H "X-Versions-Location: 古いオブジェクト保存用コンテナ" \
オブジェクトストレージエンドポイント/バージョニング対象コンテナ名
  • Response