お客様紹介

インタビューVol.8 株式会社glitter様

インタビューVol.8 株式会社glitter様 写真

恋愛シミュレーション「キス・スキャンダル」を
日本国内で自社サービスとして展開する

ゆるキャラ®グランプリ 2014

2by4labの傘下にある「Girls talk」が開発し、glitterがサービス展開する女性向けシミュレーション「キス・スキャンダル」がリリースから1ヶ月を迎えます。リリース前から国産の女性向け恋愛シミュレーションで多く関心を集めた「キス・スキャンダル」は綺麗なイラスト、人気声優を起用したキャラクターボイス、魅力的なキャラクターが特長です。まもなく恋愛シミュレーションゲームの本拠地とも言える日本に進出するキス・スキャンダルの今後の運営戦略について、そしてGMOインターネットが提供する「GMOアプリクラウド」を利用したサーバー環境についてパブリッシャー会社glitterのコン・イテク代表、イ・ギョンジェ部長に会って話しを聞いてみました。

企業情報

株式会社glitter

コン・イテク氏

コン・イテク氏

株式会社glitter 代表

コン・イテク氏

イ・ギョンジェ氏

株式会社glitter 部長

glitterについて簡単にご紹介をお願いします。

glitterは2013年に法人設立しました。「Unlight」PCのWebバージョン、「Unlight Trinity」、「Dolls War」のモバイルゲームをサービス展開しています。そしてこのたび、「キス・スキャンダル」をパブリッシングすることになりました。

キス・スキャンダルはどんなゲームですか?

「キス・スキャンダル」はビジュアルノベル系のモバイル女性向け恋愛シミュレーションゲームです。ユーザーはストーリーに沿ってゲームを進行していきます。攻略可能な3名の男性キャラクターが登場しますので、ストーリー中出てくる選択肢やアバターの装飾によってそれぞれ異なるエンディングを楽しめるゲームです。

キス・スキャンダルのパブリッシングを決めたきっかけは?

我々がサービス展開していた「Unlight」のユーザーのうち80%が女性ユーザーです。女性向けゲームをリリースすることで我々が保持しているユーザー層やシナジー効果を発揮できると思いパブリッシングを決めました。

キス・スキャンダル、リリース後1ヶ月が経過していますが、期待通りのシナジー効果は得られましたか?

「Unlight」を好む女性ユーザーの好みや「キス・スキャンダル」を好む女性ユーザーの好みがはっきり分かれて大きな効果は得られませんでした。次回作は二つのゲームのユーザー趣向を分析して双方の良いところを吸収できるゲームを作る予定です。

最近、女性向けゲームが増えています。イケメン達と恋愛を楽しむ一般的な恋愛シミュレーションゲームと似ていますが、キス・スキャンダルにしかない特徴は何でしょうか?

クオリティーが高いところです。ブラウザゲーム基盤の日本ゲームや小規模で製作された国産ゲームよりも高いクオリティーを誇ります。オープニング曲とMVを公開した当時は相当な注目を集めました。アプリケーションで作られているため他のブラウザゲームに比べUIデザインが優れているところも特長です。また、イラストを担当した作家さんやキャラクターの声を担当した声優らも業界では名の知られた有名人を起用しているのでそれらのイラストや声だけでもユーザーにとっては楽しみの一つだと考えます。

一般的に乙女ゲームの開発者は女性ならではの感性を活かした女性エンジニアが多く見られますが、キス・スキャンダルもそうなのか気になりますね。

「キス・スキャンダル」を開発した「Girls talk」はパートごとにそれぞれ1人の担当者で構成された小規模の開発チームです。大まかな流れや構成は女性チームが取りまとめ、プログラミングを通じてゲームを形にしていく作業は男性チームが積極的に参加しました。男性目線では理解しがたい部分も少なくありませんでしたが、女性の感性や視点を理解しながらみんなで作り上げた作品だと思います。

攻略できる男性キャラクター3人はそれぞれどんなコンセプトですか?

モデル役の「ハ・ウンウ」は派手でイケイケなイメージですが、彼女にはとても優しい、主人公のマネージャー役「リュ・シヒョン」はまっすぐで一途、所属事務所の社長役「ソ・ウォン」はインテリジェンスで大人しいクールガイという設定です。馴染みやすいキャラクターを重視していたために、ノーマルな設定になってしまったのが惜しいところでもあります。次回作はよりご満足いただけるよう個性的で独特なキャラクターを作る予定です。

一般ユーザー向けに新規キャラクター公募を実施すると聞きましたが、どのような方式でしょうか。

公式カフェやTwitterを通じてユーザーの意見を積極的にヒアリングする予定です。キャラクターはどんなイメージが良いか等SNSからの意見を元に正確なニーズを確認した上で進める予定です。

キャラクター公募とともに、キャラクターのストーリー設定も合わせて募集するのでしょうか。

そうです。キャラクターはイラストやストーリー両方の要素が必要となります。

キャラクターの声が所々しか入ってなく残念という意見もありますが、声が入った台詞の基準は何でしょうか。

ストーリー中、甘い台詞や恥ずかしい台詞を基準にしています。恋愛シミュレーションはやはりゲーマーのみならず声優のファンも遊ぶジャンルなので「好きな声優さんの声でこんな台詞言われたい」と思わせるようなシーンを選んでいます。そして声優を起用する時に決めたこととして、それぞれの声優が持っているイメージとは違う一面を表現したかったです。例えば、美声で有名な「ハ・ウンウ」役の声優「シム・ギュヒョク」が普段とはまったく違う強めの口調、ワイルドな感じで演技する場面などがまさにそうです。こういう部分もお楽しみいただける要素としてこだわりました。

お楽しみ要素と言えば、夜になるとタイトル画面の女主人公がストッキングを脱ぎ、素足になっている部分がありますね。

そうです。そちらも些細な見所のひとつです。実は、当時イラストの担当作家さんからストッキングを履いてるバージョン、履いてないバージョン両方のデータをもらいました。どっちのイラストを使うか社内投票を行ったところ、意見が真っ二つに分かれたため思い切って両方使うことにしました。夜の雰囲気を表現する時は履いてないバージョンを使っています。

プレーヤーを代弁する女主人公のスペックが良すぎる、おしゃべりなところが感情移入の妨げになるという意見もあります。どのようにお考えでしょうか?

ロマンス小説や女性向けゲームの女主人公設定はトレンドを追っていく傾向があります。最近は過去に人気があった「地味な女主人公がイケメンにモテる」設定よりも最初からある程度ベースがあって好感が持てる設定が流行っています。なりたい女性像を自分に置き換えて楽しむスタイルもあります。女主人公のおしゃべりなところについてはキャラクターの設定に合わせて表現したつもりですが、そう感じるユーザー様もいらっしゃるかもしれませんね。次回作や追加されるストーリーでは改善できるように取り組んでいきたいです。

恋愛シミュレーションゲームだからこそ有料化モデルの構築は難しかったと思いますがいかがでしょうか。

そうですね。もっとも難しかった部分です。ユーザーがなにを求めているかは今までの経験を通じて熟知していますが、開発者の立場としては100%ユーザー側の目線だけで有料化モデルを構築することはできませんでした。更にジャンルの特性も考慮する必要がありました。先述でも少し触れましたがゲームが好きなユーザー以外、単に声優が好きなユーザーもいますのでそういうユーザー層には一般的なシステムは大きな負担となります。1つのキャラクターのストーリーを全て観れるフリーパス・アイテムは声優ファンのユーザー層のための代表的なシステムです。その他、特定の区間に割引のポップアップを入れ少しでも便利にゲームを楽しめる要素も導入しました。

海外サービスについてはどのようにお考えですか?

現在、日本で自社サービスとして展開していく予定でサービスの準備中です。また、恋愛シミュレーションゲームの比重が高まっている台湾や北米も検討中です。

自社サービスとしての展開を検討されている理由は何でしょうか。

韓国で製作した恋愛シミュレーションが恋愛シミュレーションゲームの本拠地とも言える日本でどのくらいの影響力をもたらすのか、そしてどのくらいの実績を積めるか試すため自社サービスとして展開しました。そこでいい反応を得ることができれば恋愛シミュレーションユーザーが形成されつつある北米、東南アジア圏でのリリースも考えています。

クラウドサーバーサービスとしてGMOアプリクラウドを選択した理由は何でしょうか。

日本でのサービスも検討しているため東南アジア市場を拠点として保持しているクラウドサーバーサービスを使用する予定でした。他にも色々なクラウドサーバー会社がありましたが、その中でもGMOアプリクラウドを選びました。他のクラウドサーバーサービスは問い合わせから解決まで24時間以内で遅い方ですし、我々が必要としている機能以外、他の機能まで追加で購入しなければならなかったのでとても不便でした。
しかし、GMOアプリクラウドはサービスに関する問い合わせメールや電話をすればいつでも数時間以内に解決してくれます。また、開発するゲームによってサーバーをどんな用途でどのくらい使用するかを自由自在に選択することができ、不要なコストを削減できます。実際使ってみてかなり満足しています。

最後に「キス・スキャンダル」ユーザー向けに伝えたいことがあるとしたら何でしょうか。

我々の最終目標はユーザー様に楽しんでいただきご満足いただくことです。我々はゲームを作るだけ、ユーザー様はプレイするだけという一方的な関係というよりコミュニケーションの場となるゲームを目指したいです。
遊んでみて改善してほしい所やご意見、良い所など、知らせていただければ参考にさせていただき、改善していく予定です。これからの「キス・スキャンダル」のためにもたくさんのご意見をお願いします。もっと楽しいゲームになれるように常に悩み努力していきます。

本日はありがとうございました。

※ 製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。