一度に追加出来るサーバーの数が増えました!コントロールパネルアップデートのお知らせ


mex_icon

みなさんこんにちは。技術支援担当のメックスです。

今回はアップデートのお知らせです。GMOアプリクラウドのVer3.0/3.1環境において、コントロールパネル上から一度に追加出来る仮想サーバー数が増えました。

今までは、コントロールパネル経由のオペレーションで一度に作成出来るサーバー数が、今回のアップデートにより一度に30台まで作成出来るようになりました。これにより、作業効率を大幅に上げることが可能となりました。

詳細を簡単に画像つきでご紹介させて頂きます。

server追加

左メニューより「サーバー追加」をクリックすると、新規サーバー追加画面になります。
仮想LS(日単位)仮想LS(時間単位)仮想L(日単位)仮想L(時間単位)仮想N(日単位)仮想N(時間単位)専用サーバーの中から、任意のプランを選択頂き、タイプ(サーバースペック)を決めます。
任意のOSを選択し、「個数」のチェックボックスをクリックすると作成するサーバーの台数を選択出来ます。
この「個数」項目が30台まで増強されました。

確認画面

サーバー個数を選択した後に「次へ」をクリックすると確認画面になります。
この画面で、個別にOSを選択する事と、プライベートIPの指定を行う事が出来ます。
さらに「次へ」をクリックすると、新規サーバーが作成されます。

以上となります。当然ながらサーバーは作成すれば作成しただけ費用が発生致しますので、くれぐれもオペレーションミスにはお気をつけ下さい。
GMOアプリクラウドは一番使いやすいクラウドサービスを目指して、アップデートを重ねて参ります。

カテゴリー: GMOアプリクラウド サービス・機能   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。