ver2.1環境にて管理ノードがバージョンアップ出来るようになりました


mex_icon皆さんこんにちは。技術支援のメックスです。
本日はアップデートのお知らせです。
GMOアプリクラウドver2.1環境において、管理ノードのバージョンアップを行うことが出来るようになりました

今回のアップデートはGMOアプリクラウドver2.1環境下でサービスをご利用の皆様を対象としております。
ver3系のサービスをご利用のお客様は対象となりませんのでご注意下さい。

GMOアプリクラウドではご契約頂きました皆様に、SSH踏み台用、監視用途として管理ノードを1台標準提供させて頂いております。
こちらの管理ノードは、デフォルトの状態ですとcentOS5系のディストリビューションでお渡ししております。
管理ノードは削除やリビルドが出来ない仕様となっております。その為、今まではcentOS5系からバージョンアップさせる事が出来ませんでした。
今回のアップデートで管理ノードをcent6.7にバージョンアップさせる事が可能となりました。

管理ノードをバージョンアップいただく上で、注意点が4点程御座います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1:データのバックアップについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回のプロセスは、既存の管理ノードを削除→
「CentOS 6.7」にて管理ノードを再作成
上記プロセスを経て実現します。
一度削除する形になりますので、既存の管理ノード内にて必要なデータが
ございましたら、バックアップした後に管理ノードの再構築を実施してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2:Nagios、Cactiのパスワードについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
再構築にあたり、Nagios、Cactiのログインパスワードはリポジトリから
提供されているデフォルトの設定に戻ります。ご利用いただく際は再構築
後、任意のパスワードにご変更ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3:Apacheについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Apacheの自動起動設定はOFFになっております。Apacheをご利用いたただく
際は、お客様にてコマンドラインからサービスを起動ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4:Nagios、Cactiのバージョン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・cacti-0.8.8b-7.el6.noarch
・nagios-common-3.5.1-1.el6.x86_64
・nagios-plugins-2.0.3-3.el6.x86_64
・nagios-3.5.1-1.el6.x86_64

※プラグインにつきましては、再構築後にご希望のものをインストール
設定の上、ご利用ください。

それでは、再構築の手順を共有させて頂きます。

①管理ノードを削除する

管理ノード削除

画面左側、「MENU」の「ノード操作」項目の上から4番目に「管理ノード再構築」という項目があるので、クリックする。

注意事項に目を通して頂き、チェックボックスにチェックを入れ、「管理ノード削除」をクリック。

削除成功

ステータスが削除準備中になります。
ほどなくして管理ノードが削除されます。

②管理ノードを構築する

管理ノード構築

続きまして、新しい管理ノードの構築手順です。
管理ノードが存在しない状態で、画面左側「MENU」の「ノード操作」項目の上から4番目に「管理ノード再構築」をクリックすると、再構築の画面になります。
「管理ノード(CentOS6.7+Nagios/Cacti)」になっている事を確認して「管理ノード作成」をクリックします。

構築成功

ステータスが準備中になります。
ほどなくして、新しく管理ノードが立ち上がります。

③Nagios.Cactiの設定
必要に応じて、Nagios,Cactiの設定を行って下さい。
ここではパスワード変更方法を記述させて頂きます。

・Nagios

# htpasswd -c /etc/nagios/passwd nagiosadmin
New password: **********
Re-type new password: **********
Adding password for user nagiosadmin

Nagiosはベーシック認証を使用していますので、htpasswdコマンドでIDとパスワードを設定出来ます。nagiosadminの部分は任意です。

・Cacti

cacti

Cactiはブラウザ経由で最初にアクセスした際に、IDとPASSの入力を求められます。デフォルトのIDとPASSでログインした後にパスワードの再設定を求められますので、そこで設定して下さい。

上記にも記しましたが、新規管理ノードはApacheの自動起動がOFFになっていますので、Nagios,Cactiをブラウザ上で管理、使用する際は

# service httpd start

等で起動するのを忘れないで下さいね。

Apacheを自動起動にする際は

# chkconfig httpd on

と入力して下さい。

 

以上となります。
今後もGMOアプリクラウドは精力的にアップデートを重ねて参ります。
機能要望等御座いましたら、ご遠慮なく担当営業、またはサポートまでご意見を賜れますようお願い申し上げます。

カテゴリー: G-STAR 2013, G-STAR 2014, G-STAR 2015, GMOアプリクラウド キャンペーン, GMOアプリクラウド サービス・機能, TOKYO GAME SHOW 2012, あんずちゃん, お客様インタビュー, アプリクラウドセミナー, イベントレポート(国内), イベントレポート(海外), イベント告知, コミックマーケット, 未分類, 番外編, 韓国現地スタッフ どんのつぶやき   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。