【新機能】API用のタグ設定が可能になりました。



こんにちは、営業 兼 イベント担当のカズです。

本日は新機能のご紹介です。

GMOアプリクラウドでは、コントロールパネルのサーバー操作画面から、各サーバーの用途を一目で判断できるように任意で「タグ」を設定することができます。

ex)Web01、Web02、db01、db02、stg01 … などなど

この度、更なる利便性の向上を図るため、APIでサーバー一覧を取得した際にもタグで識別ができるように機能を改善しました。
API用のタグもコントロールパネル上から設定いただけます。

▼クリックして拡大▼

WS000000

GMOアプリクラウド APIリファンレンスを参考にしつつ、早速試してみましょう。
トークンIDの発行方法は過去記事をご参照ください。

■List servers details
サーバーの詳細一覧を表示します。
エンドポイント、テナントIDはコントロールパネルからご確認いただけます。

curl -X GET -H "Accept: application/json" -H "X-Auth-Token: トークンID" サーバー操作エンドポイントURL/servers/detail

下記、cURLコマンドの返り値 “instance_name_tag”: “kaz” この部分がAPI用タグになります。

{
    "servers": [
        {
            "OS-DCF:diskConfig": "MANUAL", 
            "OS-EXT-AZ:availability_zone": "nova", 
            "OS-EXT-STS:power_state": 1, 
            "OS-EXT-STS:task_state": null, 
            "OS-EXT-STS:vm_state": "active", 
            "OS-SRV-USG:launched_at": "2015-11-10T02:40:12.000000", 
            "OS-SRV-USG:terminated_at": null, 
            "accessIPv4": "", 
            "accessIPv6": "", 
            "addresses": {
                "net-1513-ext": [
                    {
                        "OS-EXT-IPS-MAC:mac_addr": "00:16:3e:06:01:11", 
                        "OS-EXT-IPS:type": "fixed", 
                        "addr": "10.131.6.17", 
                        "version": 4
                    }
                ], 
                "net-1513-int": [
                    {
                        "OS-EXT-IPS-MAC:mac_addr": "00:16:3e:06:11:11", 
                        "OS-EXT-IPS:type": "fixed", 
                        "addr": "10.132.6.17", 
                        "version": 4
                    }
                ]
            }, 
            "config_drive": "True", 
            "created": "2015-11-10T02:39:53Z", 
            "flavor": {
                "id": "201022", 
                "links": [
                    {
                        "href": "サーバー操作エンドポイントURL/flavors/201022", 
                        "rel": "bookmark"
                    }
                ]
            }, 
            "hostId": "a90d42f8100cdbce1f410dd87894b4b25f0ab0c7400b00a4478e9f66", 
            "id": "2216746c-e71f-43da-a90c-bbcd0fda9491", 
            "image": "", 
            "key_name": null, 
            "links": [
                {
                    "href": "サーバー操作エンドポイントURL/servers/2216746c-e71f-43da-a90c-bbcd0fda9491", 
                    "rel": "self"
                }, 
                {
                    "href": "サーバー操作エンドポイントURL/servers/2216746c-e71f-43da-a90c-bbcd0fda9491", 
                    "rel": "bookmark"
                }
            ], 
            "metadata": {
                "instance_name_tag": "kaz"
            }, 
            "name": "10-132-6-17", 
            "os-extended-volumes:volumes_attached": [
                {
                    "id": "7731cf24-f07a-4d45-93bb-2d6288f3129f"
                }
            ], 
            "progress": 0, 
            "security_groups": [
                {
                    "name": "default"
                }, 
                {
                    "name": "default"
                }
            ], 
            "status": "ACTIVE", 
            "tenant_id": "3629e569cd964e0bad5e55732040118b", 
            "updated": "2015-11-10T02:40:12Z", 
            "user_id": "ca57f76462c14f61ab17dc901655ad03"
        }, 
<後略>

このように一覧を取得した際、API用に設定したタグでサーバーを識別できるようになりました。

今回の機能改善は、お客様から多く寄せられていたご要望を反映しております。
今後もお客様の声に耳を傾け、ゲームやアプリのインフラとしてニーズを満たすクラウドサービスを目指してまいりますので、ご要望どしどしお寄せください。

カテゴリー: GMOアプリクラウド サービス・機能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。