GMOアプリクラウドのAPIを叩いてみた



こんにちは、お祭り担当Kazです。

本日は以下エントリーのご紹介です。
GMOアプリクラウドAPIを試してみた(VM作成からロードバランサ設定まで)

以前ご紹介したことがあると思いますが、弊社には、お客様の笑顔のため、NO.1サービスを目指し、GMOインターネットグループの重要なプロジェクトの成功を技術面でサポートする「次世代システム研究室」という部署がありまして、上記エントリーは、その「次世代システム研究室」へ1月にジョインしたばかりのM. Y.さん(主にWebアプリケーションの開発を担当)が書き起こしてくれました。

今回はGMOアプリクラウドのAPIを使ってVMの作成~ロードバランサーの設定までのご紹介です。
これの自動化スクリプトが次回のネタとして控えているようなので、エントリーがあり次第、共有させていただきます。

GMOアプリクラウド(Ver3.0)では、クラウド基盤をOpenStack Havanaで構築しており、APIを一部公開しています。
是非、本エントリーを参考にしていただき、クラウド運用の効率化に役立てていただければ幸いです。

カテゴリー: GMOアプリクラウド サービス・機能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。