業界初!! Photon Server 専用カスタムサーバーをリリースいたしました



こんにちは、営業 兼 イベント担当のカズです。

本日は新サービスのご紹介です。
この度、GMOアプリクラウド(Ver3.0/3.1環境)において、Photon Server 専用カスタムサーバーをリリースいたしました。

logo_GAC_Photon

■Photon Serverとは
Photon Serverとは、リアルタイム、マルチプレイヤー、マッチメイキングなどのネットワーク機能をサーバー(Windows Server)にインストールして利用するネットワークエンジンです(既にご存知の方はこの項目は飛ばしてお読みください)。
サーバー不要で手軽に低コストではじめられる Photon Realtime と比較して、Photon Serverは Photonのコア部分に当たるバックエンドの部分をカスタマイズすることが可能です。自社環境でゲーム開発ができるため、カスタマイズが自在であり、サーバーログを取得して徹底的に分析を行いたいお客様に最適なプランです。

Photon Serverに関する詳細はこちらよりご確認ください。

■Photon Server 専用カスタムサーバーについて
前述の通り、Photon Server はサーバー(Windows Server)にインストールしてご利用いただくため、今までは下記フローでご用意いただく必要がありました。
(マスターサーバー、ゲームサーバー 個々に対応が必要です)

<Before>
STEP1 :コントロールパネルからサーバー(Windows Server)の作成
STEP2 :Photon SDK のダウンロード + 設置
STEP3 :LBのネットワーク設定(各サーバーへのTCP/UDPポート転送設定)
STEP4 :PhotonのConfigをSTEP3で設定した内容に沿って記述
STEP5 :ライセンス のダウンロード + 設置
STEP6 :Photon Application の起動

 
この度リリースされたPhoton Server 専用カスタムサーバーは、STEP1のサーバー(Windows Server)作成時にSTEP2~4の作業を全自動でセットアップいたします。

<After>
STEP1 :コントロールパネルからサーバー(Windows Server)の作成
STEP2 :ライセンス のダウンロード + 設置
STEP3 :Photon Application の起動

 
GMOアプリクラウドのコントロールパネルから、わずか数クリック・数分で Photon Serverがインストールされ、且つ、面倒なネットワーク設定・config設定が自動セットアップされたサーバーを立ち上げることが可能になりました。
これにより、Photon Server導入の敷居がグッと下がり、Windows Serverを使い慣れていないお客様にもご利用いただき易くなっております。
Photon Serverをご利用の際は、是非ご活用ください。

■コントロールパネル遷移
コントロールパネルの「サーバー追加」メニューから
1.Windows + Photon Serverを選択
2.マスターサーバー or ゲームサーバーを選択
3.タイプを選択(Photon推奨プラン:NW-0404)
4.OS(Windows Server)を選択
5.サーバー台数を選択
図1

6.プライベートIPを選択
7.グローバルIPを選択
図2

8.実行ボタンをクリック
図3

わずかこれだけの操作(数クリック)で、Photon Server セットアップ済みのサーバーが数分後に起動します。
Photon Server の導入が決まったら、GMOアプリクラウドを是非ご活用ください。

現在、GMOアプリクラウド × Photon の特設サイトを公開中です。
こちらも是非ご覧になってください。

カテゴリー: GMOアプリクラウド サービス・機能   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。